MRを目指そう

MRになるには

医師や看護師、薬剤師などといった、医療行為に従事することができる国家資格を持っていないけれども、医療やお薬にかかわる仕事をしたいと考えている人の場合、おすすめの職業が「MR」です。「MR」とは、日本語で言うと「医薬情報担当者」という職業で、その名前の通り、病院をはじめとする医療機関で取り扱っている医薬品に関する情報を、専門に取り扱うお仕事です。MRになるためには、特に国家資格を持っていたり、大学の薬学部を出ていたりといった必要な条件はなく、一般的には大学を卒業したあと製薬会社に卒業し、実務経験を積んだうえで、「MR認定資格」というライセンスを取得することが多いようです。ただし、MR認定資格を持っていなければMRとして勤務できないというわけではありませんし、国家資格が必要な医療従事者に比べれば、比較的実現しやすい目標だととらえることもできるお仕事です。
毎日たくさんの医療機関を回ったり、医薬品に関する専門的なリサーチを読んだり、必要な情報をしっかり把握して地域の医療従事者に告知をしたりする必要がありますので、頭と体を両方使う、比較的ハードな一面もありますが、その分やりがいもしっかりと感じられるお仕事です。

進歩が早い世界で生きるならMRになろう

もしも「今の業界では先の見通しが立たない」「業界の内容自体に需要はあるが、業界全体が変わる気配がない」などの理由で仕事のやる気が出ないという人であれば、一念発起して医薬業界に飛び込んでみてはどうでしょうか。そして医薬情報担当者、つまりMRと呼ばれる職種に就いてみても良いかもしれません。

医薬業界は日々変化していくため、ある意味ではルーチンワークが無いとも言えます。新しい細胞が発見されて、その細胞を利用した薬が開発されるといったニュースを見たことがある人もいるでしょう。もちろん昔からある薬もありますが、新しい薬もどんどん開発されています。MRは自社の薬のことを勉強して、その薬の情報をお医者さんに提供したり、逆にその薬による副作用が無かったかどうかなどをお医者さんからフィードバックしてもらいます。フィードバックしてもらった内容をもとに、また新しい薬が開発されることだってあるんですよ。

このようにMRは、常に進歩していく世界で生きていると言えるでしょう。それに自分が情報提供した薬のおかげで、誰かの病気やケガが治るのだと考えると、大きな仕事をしているとも思えますね。どんどん変化していく世界で生きていきたいと感じている人なら、MRになることを検討してみても良いでしょう。