医療の安全を下支えする重要な役割

MRと医師の関係

MRの仕事内容は、病院の先生に自分の会社の薬の営業をする仕事です。
夕方ごろ、病院に行くと医師が待機している医局の前でMRが医師が出てくるのを待っています。MRは医師が出てくると一斉に自分の会社が製造開発している薬について営業活動をしまず。その営業活動には医療の専門用語が沢山出てきます。したがって、MRの営業については、医薬品の知識と営業能力の両方が必要です。したがって非常に特殊な営業職であると言えます。
医師の先生の中には、気難しい方もおられたり、営業活動を嫌悪する医師もいます。そのような医師にも営業をかけなければいけないので、かなり難しい仕事であると言えます。
しかし、やりがいはあります。まず、金銭面は、いつも自社の製品を買ってくれる医師が出た場合は、安定します。MRの中の営業成績が良い人は、医師に対する分析もしています。医師によって同じ病気を治療する際にも、使う薬が違うこともあります。従って、どの医師がどのような治療法を好むのかを分析することは営業成績に直結します。営業成績は、もちろん給料に直結します。従って営業成績は良いに越したことはありません。MRは、実力主義であるため、実力のある人は、成績を限りなく伸ばすことが出来ます。

医療の安全性を考える人たち

医薬情報担当者の使命は、医療全般における安全性をサポートしていくことです。医師や看護師がすべての薬や機器の状況を把握することは大変であるため、MRの適正な審査によって得られた情報が大事になってきます。また必要とされる内容を詳しく見ていけば、過去に営業の経験がある人や薬剤師を目指した人が候補に上がります。いずれの場合でも医療に何らかのかたちで関わりたいという声が鍵を握り、医療を大きな視野で見ていく方針が大事になってきます。
MRと結びつきが非常に高い製薬会社は、薬の営業と新薬の開発という二つの側面を持っています。病気を克服できる薬を一日でも早く開発していくことにより、治療を受ける人たちの気持ちが軽くなれます。また人とコミュニケーションをとる時間が多いので、第一印象が良い方がMRには最適となります。大学病院などの大きなところでは、MRを一度に数十名契約することがあるため、自分自身の可能性が広まる場所へ就職することが大切です。
情報伝達が的確に伝わっていくことにより、MRとしての位置づけがはっきり示せます。それから患者の気持ちになって物事をしっかりと考えていけば、正しく進むべき道が鮮明に表れます。