もっと知ってほしいMRの仕事内容

MRという職業

この世の中には様々な職業があります。中には聞いたことがないという職業もあると思います。ですがどんな職業も意味があり、どこかで私たちの生活に役立っていることが多いです。MRという仕事は正にこれに当てはまる仕事です。
MRは医薬品のことを医療従事者に説明したりする仕事のことを言います。製薬会社に働いているケースごほとんどです。このMRの主な仕事は医療関係のかたのところを訪問して製薬の良さや特徴などを説明することが1つ目です。医療に関わっているかたが薬のことも何でも知っていると思ったら大間違いです。医療にも分野が分かれているので、その分野の専門でないと分からないということも多いです。そこでこのMRの方が訪問して薬についてプロモーションをしていくのです。
他の仕事は薬の副作用など安全性を伝えることも大きな仕事です。薬は量を誤ると毒にもなりうるものです。もし万が一自社で作った薬で事故などが起きてしまったらその製薬会社に大きな影響を与えてしまいます。このMRという仕事はとても責任のある仕事なのです。
MRについて理解は深まったでしょうか。このMRはあまり聞かない仕事ですが、この人たちによって助けられている部分が多いのです。もし興味があればこの仕事について調べてみてください。

MRはどのような仕事をしているのか

MR(医薬情報担当者)は大抵、製薬会社に属していて自社の商品を通して医療現場と製薬メーカーを繋ぐ仕事をしています。
具体的な仕事の中身は、自社商品の副作用や適性使用に関わる情報を、医者や薬剤師の方に連絡したり、新製品の利用方法を病院のスタッフなどに解説して紹介するなどこの他にも様々あります。MRは他の職種の営業とは違っていて、基本的に自社商品の宣伝や営業などはしません。患者さんの生命を左右する医薬品を取り扱う仕事をしているので、正しい情報を提供し集める仕事を頑張っています。
MRになるためには、製薬会社に勤めてMRとして任命されるとなることができます。他に、派遣会社に勤めてMRとして製薬会社に採用されるといった場合もあります。
どちらにしても、薬剤師としての免許や薬学部出身でなければいけない、といった必要はありませんが、
4年制大学卒業以上くらいの学歴は必要なことが多数です。4年制大学卒業以上であったら、他には特に資格など必要ありませんが、公益財団法人MR認定センターに登録している製薬会社や派遣会社に勤めている場合は、6カ月以上MRとして働いていたら受験できる「MR認定資格」という資格はあります。
大抵のMRの方はこの資格を持っていてMRの仕事を行っています。