MRとはどんな職業か

update contents

カテゴリ:MRの紹介

安定と高待遇がMRの特著

MR職の待遇について MR職は基本的に全国転勤となります。ただし、会社によっては特定エリアに限った転勤のみを希望することができます。しかしこういったエリア限定の場合は給与が少なくなります。ま…

more

カテゴリ:MRの紹介

医療の安全を下支えする重要な役割

MRと医師の関係 MRの仕事内容は、病院の先生に自分の会社の薬の営業をする仕事です。 夕方ごろ、病院に行くと医師が待機している医局の前でMRが医師が出てくるのを待っています。MRは医師が出…

more

MRとは何か

「MR」という職業について、名前を聞いたことはあっても、実際の業務内容についてはピンとこない、という方は多いのではないでしょうか。MRとは、「medical representative」を略した単語で、日本語にすると「医薬情報担当者」という言葉があてはまります。
MRは医薬品を主に扱う仕事ですが、患者さんへ実際にお薬を調剤したり提供したりする薬剤師とは違い、病院などで働く医療従事者のところへ訪問し、そこで使われている医薬品に関する情報や、新しく発売された医薬品についての情報などを提供するのが主な仕事です。一般的に、MRは製薬会社で働いている社員が従事しており、特に勤務している製薬会社の医薬品について情報共有をおこなったり、販売促進をおこなったりするのが実際の主な業務内容となっています。
医薬品は、適切な使用を徹底しなければ、処方された患者さんに副作用を起こしてしまったり、症状をうまく改善させられなかったりするリスクをはらんでいます。そのため、医薬品について新しいレポートが発表された場合などには、すぐにそれらの情報をやりとりがある医療従事者にしっかりと伝え、医薬品の適切な活用を守ることも、MRの大切なお仕事なのだそうです。

MRの仕事内容について

MRとは医薬情報担当者のことで、製薬メーカーに属し、そのメーカーの取り扱う医薬品の適正使用のための情報提供を行う職業です。一般的な営業とは異なり、取り扱う商品が医薬品です。医薬品は適正に使用されなければ人の命を危険にさらしてしまう恐れもあります。その医薬品に関してメーカーが収集した安全性などの情報を速やかに現場に届けることがMRにとっては大切な仕事です。また逆に医療現場から情報を収集し、会社側にフィードバックすることも重要な仕事となります。つまりMRの仕事によって安全性に関する情報が、全国の医療現場で速やかに共有することが可能となるのです。
そうはいっても実際のところは自社製品の販売促進を目的とした営業活動もMRにとっては大切な仕事となります。ただしここまででも紹介してきた通り、扱う商品が医薬品であるため一歩間違えると人の命を脅かしてしまいます。MRが自社製品を普及させるためには、医師との日頃からの信頼関係の構築が重要となるのです。昔は医師と接待等で信頼関係を構築する風潮がありましたが、現在は華美な接待は行われなくなっています。そのためこれからのMRは自社製品と真摯に向き合い、誠実に自社製品の長所、短所を紹介することで、医師との信頼関係を構築していくことが求められてきています。

これからもっとMRの人気は高まっていくのではと言われています。 MRの数はアメリカよりも人数が多いと言われています。 MRの仕事は薬によってなにか問題が起こってしまった際に、病院などに情報を提供すること。 1991年の4月以降、独占禁止法により医薬品メーカーは医療機関への納入価格一切干渉できなくなくなりました。 日本におけるMRの数は、製薬協会加盟企業だけでも、約50,000人。 MR経験を生かせる職種をみつけるなら